芸術家のくすり箱は、ダンサー・音楽家・俳優・スタッフの「ヘルスケア」をサポートし、芸術家と医師・治療師・トレーナーをつなぐNPOです。
  • TOP
  • 芸術家のくすり箱とは
  • セミナーに参加する
  • ヘルスケアサポート
  • 実践!芸術家のヘルスケア

公演帯同トレーナーミーティング【公開】



バレエ団の"トレーナー"に求められるものは?
モデルケースで公演帯同したトレーナー陣の情報交換ミーティングを公開します!


芸術家のくすり箱では、2015年秋から2016年3月まで、3つのバレエ団に帯同し、ダンサーのコンディショニングをサポートするモデルプログラムを実施しています。

大きな怪我になるまで、なかなか治療やケアを受ける習慣のないダンサーの現状ですが、稽古場等の現場で、サポートスタッフができることはさまざまと考えられます。

また、稽古場で、劇場で、ベストパフォーマンスを目指して懸命に努力をしているダンサーは、治療院やスタジオでの顔とは違うもの。

バレエ団のなかで、公演の成功をともに目標とするトレーナーとしての経験を、症例の報告にとどまらず、今後のダンサーサポートのあり方まで話し合います。

ダンサーの治療やトレーニングに携わる方、ご関心のある方はぜひご参加ください。

   
  【Key】

・公演の約3週間前から、バレエ団スタジオや劇場にてケアを実施
・理学療法士、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師等の有資格者による帯同
 (※プログラムの便宜上"トレーナー"と総称しています)
・日々のリハーサルや旅公演でのダンサーの活動環境
・事前のドクターによるメディカルチェックの実施 ......など
   



日時

2016年3月26日(土)18:30-20:30

会場

芸能花伝舎 1階 A2  東京都新宿区西新宿6-12-30

対象

ダンサーのケアに従事する医療者、トレーナー等

登壇者

横谷俊昭(鍼灸あん摩マッサージ指圧師)
マッサージやファンクショナルトレーニングをベースにバレエダンサーの世界観を支える治療、コンディショニングを行う。ダンサーの信頼も厚く、稽古場出張、公演帯同経験多数。

ラジカスキー万由子(理学療法士・ピラティスインストラクター)
病院勤務後、ハークネスセンター(米・ニューヨーク)他にて、ダンス医学を学ぶ。帰国後、個人スタジオにてダンサー等のコンディショニングやケアに従事。

湯浅政紀(鍼灸師・日体協AT・ピラティスインストラクター)
バレエをはじめ、テーマパーク内ダンサー専用施設のトレーナーとして、"本番でベストパフォーマンス"を実現するためのケア・トレーニングに従事。 現在はトレーニングジムにて、アスリートや一般を対象に活動をしている。


受講料

芸術家のくすり箱 会員* 一般
無料 2,000円

会員についてご登録をご希望の方は、必ず事前にこちらをご確認下さい。
*賛助会員の方は一般料金となります。


申込方法

こちらのフォームよりお申し込み下さい。


 

*定員に達し次第締め切らせていただきます


個人情報の収集・保有・利用について

本セミナー申込によって収集された個人情報は、本セミナーに関する通知及び当団体が開催するセミナー等のご案内のみに使用させていただきます。上記以外の目的で個人情報を使用することはありません。
 

主催・お問合せ

文化庁、NPO法人 芸術家のくすり箱
TEL:03-6302-3048(平日10:00~18:00)
office@artists-care.com(@を半角に変えてご利用ください)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎2F